「第50号 〜なぜ、コカコーラが強いのか?〜」

  もう二年ほど前の実験結果によると、コカコーラを飲んでいるとき、
  脳の側頭野が反応していることがわかっています。

  つまり、簡単にいうと脳が快と反応し、軽く脳内麻薬が分泌されている状態
  なんです。

  なので、脳がその快感を求めて、コカコーラを無意識に選ぶという結論に
  なるのですが、問題は、なぜ、コカコーラがそこまで快と判断されるか?

  ですよね?

  コーラの要素を挙げてみると、

  炭酸・キャラメル・ボトルデザイン・カラーリング・CM・ネーミング

  これらのものがあると思います。

  ネーミングに関しては、深く言及しませんが、簡単に・・・

  コカコーラは切れを感じさせ、ペプシは炭酸のはじける感じがあり、
  どちらも良いネーミングだといえます。

  先行優位性だけでは、何世代も超えてのリーダーの位置は守れません。

  炭酸は、切れがあるので、どちらかといえばデジタル期のもの。

  キャラメルは、甘さがあるので、アナログ期のもの。

  ボトルデザインは、曲線なので、アナログ期のもの。

  CMは、そのときによって変わるので、今回は言及しません。

  では、差がどこにあるのか探ってみます。

  甘さは、ペプシの方が強い。
  炭酸のビリビリ感はコカコーラの方が強い。
  ペプシコーラは、ペプシと略されるがコカコーラはそのまま。
  
  この三つの要素からは、ペプシの方が、アナログ期に強くコカコーラの方が
  デジタル期に強いという見方もできます。

  デジタル期は、大きな会社の方がより強みがいかせるので、コカコーラの
  方が有利といえますね。
  
  更に視覚上、効果的に効いて来るのが、ラベルのカラーです。

  赤はアナログ期に強く、青はデジタル期には若干強くなるのですが、
  赤ほどの力がありません。

  なので、アナログ期デジタル期の56年を通期で見たとき、
  アナログ期にもデジタル期にもコカコーラの強さがペプシコーラを
  一歩リードしていることになるのです。

  デジタル期には、炭酸の強さとネーミング。
  アナログ期には、カラーリングが弱さを補完する。

  これが共通要素を除いた比較要素であり、コカコーラの強みと言えるでしょう。 

  これが、コカコーラVSペプシコーラを感性トレンドの視点からみた
  結果です。

  感性を刺激されての購買行動は、安いから購入という、思考の購買と質が
  違います。

  思考の前段階において、もう欲しい!
  と思い購買にいたるのが感性の領域での購買行動なのです。



  つまり、いつの時代にも通用する商品創りも感性トレンドを知れば可能と
  いえます。

  また、色と感性トレンドとの相関は、あるのは確実なのですが、
  まだ詳しい解析ができておりません。

  こちらは、引き続き精査していきたいと思っています。

001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第49号 〜タウンウォッチングの薦め〜」

  タウンウォッチングは、流行を仕掛ける人だけでなく、トレンドを
  つかみたい人には、お勧めですね^^

  感性トレンドがどのように表れているのか?
  どんな小波がおこっているのか、よくわかります。

  基本といえば基本なんですが、最近、忙しくあまりタウンウォッチングを
  していませんでした。

  街を歩く人のファッション、ショーウィンドウを飾るファッション。
  街の景観。
  街の言葉。

  全てがヒントと実例です。

  なのでお勧めなんです^^

  そんな中、やはりブラディングを考える人は、どうしたら、ブランディング
  できるのだろうって、一つのテーマだと思います。

  歴史がないとブランドになっていきませんが、その前にブレイクする
必要があります。
  そして、ブレイクしたら、失速して墜落しないように、上昇気流に乗らなければ
  なりません。

  じゃあ、どうやって?

  実は、ヴィトンショップを久々に訪ねてみました。

  ヴィトンは買取店でも高値維持の安定株代表です。

  なぜヴィトンは強いのか?

  ヴィトンの歴史などの薀蓄は、有名でしょうから、ここでは、語りませんが、
  その後、どうやって、そのブランドを維持するのか?

  しっかりとトレンドにのっていることがよくわかります。

  アナログ期に転換するちょっと前には、モノグラムにカラーモノグラム
出ていました。
  現在ではスティーブン・スプラウス
  
http://www.louisvuitton.com/web/flash/index.jsp;jsessionid=DI35IXQNJUEUWCRBXUCFAFIKEG4RAUPUbuy=1&langue=ja_JP&direct1=home_entry_jp

  アナログ度MAXなことがよくわかります。

  そして、以前よりもメンズや小物の充実も格段に進歩しています。
 
  しかもトレンドをきっちりと押さえながらです。
  もちろんマーケティング的にもお見事としか言い様がありません。

  また、街角ウォッチングでは、小波がおこっておるのがよくわかります。

  そして、東京・名古屋・大阪と、アナログ度の差があるのがよくわかります。

  ■顧客のデジアナ度を押さえること。
  ■そのデジアナ度に合わせた商品展開。
  ■感性トレンドとの相関。

  この三つのポイントを押さえれば、確実に売れるものが創り出せます。
  しかも思考で購買するのでなく、思考の購買=堅実・倹約(現在なら)で、
浮かせたお金が一瞬で、吹き飛んでしまうような買わずにいられない
商品の創出が可能ともいえるのです。

  街角ウォッチングは、感性トレンドとの相関や、顧客のデジアナ度が
よくわかります。

  もちろん、基本理論を知り、実証検証・予測検証の場数を踏まなければ、
皆がすぐにできるというわけではありませんが・・・

  それでも机上でう〜むと言っているより、実際に目で見て感じたほうが早くに
  吸収できるようになります。

  なので、タウンウォッチングをお勧めいたします^^

001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第48号 〜名古屋オートトレンド〜」

  2009年、名古屋オートトレンド行ってまいりましたよ!
  もうこの世界は完全にアナログハード期へと移行しています。
  
  アナログ・ハード期とは、一言でいえば、母性の元に男の子が好き放題
  できる時代といえるんです。

  なので、百花繚乱の文化が咲き乱れ、既成概念にとらわれることなく、
  新たな技術が確立されたり、新たな工業製品が生まれる時代といえるのです。

  さて、そんな中で目立ったのが、

  三輪車

  といっても、バイクベースの三輪車です。
  前期のアナログハード期にも商用にみられましたが、今回は、同じものの
  焼き直しでなく、大幅なパワーの向上が見られます。

  世界最速といわれる二輪車 隼 これの三輪車が展示されていました。

  既成概念にとらわれず、やんちゃな男の子が発想しそうなことが、実現してるのが
  理解できるかと思います。

  画像や詳しい解説は
    ↓
  http://analystkansei.blog73.fc2.com/blog-entry-186.html

  そして、アナログピークを感じさせる車もあります。

  それは、イタ車と呼ばれる車です。

  イタリアの車ではありません!

  イタイ車なんです。

  アニメの萌えキャラが、車に描かれています。

  実際は、カッティングシートなので、ペイントではないのですが、アナログ度が高い
  ミニベースにアナログ度MAXのアニメキャラ。

  これらのニーズが存在し、市民権を獲得していることの表れです。

  これらの画像やその他の解説は
      ↓
  http://analystkansei.blog73.fc2.com/blog-entry-186.html

  ご参考にどうぞ!


001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第47号 〜自動車のダウンサイズ〜」

  2009年3月05日の日経産業新聞一面に、車ダウンサイジングという
  大きな見出しで、自動車のダウンサイズの潮流の記事が掲載されていました。

  サイズが小さくなり、低価格・低燃費にシフトした車が相次いで
  発表されています。

  アナログ期には、大きなものへの憧れが根底に流れているのだが、
  その流れとは違う事象が起こっています。

  これを解説したいと思います。

  これには、三つの要因があります。

  ■自動車という工業製品の成熟

  ■成熟製品には、思考で購買の意思決定をするものとそうでないものが
   ある。

  ■世界不況が与えるトレンドへの影響

  続きは後ほど^^

  一旦CMです!

 --------------------------------------------------------------------
  前号にて、新たにご紹介させていただいた、友人のイナモさまのメルマガ
  なんと私のメルマガを参考に作ってくれたそうです。
  大変嬉しいことだと思います。

  彼の流行に関するアンテナは、非常に高く、私も参考になるものがあります。
  是非、あわせて購読されることをお勧めいたします。

  登録はこちらです。

  http://www.mag2.com/m/0000283656.html

  そして、彼のHPには、最新の情報がUPされていますので、
  トレンドウォチャーの方には、参考になると思われますのでご紹介させて
  いただきます。

  こちらです。

  http://monogatarika.seesaa.net/

  -------------------------------------------------------------------

さて、本編の続きです。

  ■自動車という工業製品の成熟

   自動車の歴史を紐解くと、感性トレンドそのものの推移が見て取れると
   言っても過言ではありません。
   ハード期に性能の低い最初の車が登場し、ソフト期に使い勝手が向上し、
   次のハード期に性能が一気に向上し、次のソフト期に安全性が格段に
   進化しました。
   約、100年で工業製品としての自動車は完成し、次代の車の模索の
   段階が現在というところです。
   概念や内燃機関の歴史まで言及するとまださかのぼるのですが、
   いずれもハード期にそれが起きていることは、必然ですね。

  ■成熟製品には、思考で購買の意思決定をするものとそうでないものが
   ある

   つまり、成熟した工業製品は、思考で購買するものと、好き嫌いで
   購買するものにカテゴライズが始まります。

   この現象が自動車という工業製品に始まったということです。

   他の工業製品で例えて見るなら時計を思い出すと理解できると思います。

   趣味嗜好性の高い製品から、安価で日常ユースに耐えられればよしと
   言うものまで幅が広いです。

   食品でもそうですよね。
   チョコレート・アイスなどにも顕著にこの傾向は見ることができます。

   好き嫌いで購買するものは、高価格帯のものが多いことに
   お気づきでしょうか?

   これが官能性商品と呼ばれるものになります。
   このカテゴリーも番外編として、機会のあるときに、
   ご紹介させていただきます。

  ■世界不況が与えるトレンドへの影響

   これは、ビジネスの世界ですから合理的な部分は、アナログ期であっても
   当然起こることです。

   アナログ期は、定住地にて安心して文化が積み上がる時代なのですが、
   今回の経済問題は、かなり深刻です。

   もともとビジネス時には短軸策リンクが活性化しやすく、デジタルの
   要素が強くなります。

   アナログ期の定住地にて、安心して文化を積み上げる時代なのですが、
   その居住地域を襲われたら、戦闘モードにならなければ村を守ることが
   できません。

   ですから、短軸策活性傾向が、普段のアナログ期よりも強くなっている
   といえます。

   まとめ

   以上三つの要素から、アナログ期には物が大きくなるという原則から
   はずれているような車のダウンサイズがおこっているというわけです。

   しかしながら、アナログ期そしてハード期のトレンドの部分はあがなえない
   部分でもあります。

   それらが、600馬力を超える車の相次ぐ発表発売。
   中には1000馬力を超える車もあります。

   もちろん高価格帯に属する車です。

   時計という商品との相関性が見て取れるのではないかと思います。


001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第46号 〜感性トレンドの本質・番外編〜」

  さて前号では陰陽との関係をお知らせさせていただきました。

  とあるセミナーにて、実はこれも相関があるな〜と感じ、
  さらに、神道の中にも相関があることがわかりました。

  今号では、この件に関しては、詳しくは記すことができませんが、時がきたら、
  わかりやすくお伝えしたいと思います。

  私の感性トレンドは日々進化していくのです。

  番外編がこれで終わっては申し訳ないので、メルマガをお読みいただいている
  方だけにこっそりと秘密の話をお伝えしたいと思います。

  先日、熱田神宮に参拝してきました。

  なんと、神様と対話ができ、むらくもの剣の御霊が八個に分かれたものが
  八剣になっており、(正確にはちと違うのですが、わかりやすい表現に
  してあります。)そのうちの一本を授けていただいてしまったのです。

  あ〜〜〜〜

  とうとう、イタイ人になってしまった。

  そう感じた方は、どうぞ登録解除を^^

  自分でもイタイ人かなと思いますが、事実は事実として受け止めねばなりません。

  その夜のお酒の席で、なんと、飲んでもいないお酒が減るのです。

  普通ではありえないことです。

  神様が一緒に祝ってくれていたのです。


  ビジネスに応用が効く感性トレンドは、既存の感性トレンドのみでも充分だと
  思います。

  しかしながら、さらに二本のラインがありそうなのです。

  あとは、事例検証を進めていかなければなりません。

  この作業が一番時間がかかります。

  また時が来たときに、発表させていただきたいと思います。

  そのときをどうぞ楽しみにお待ちください^^


001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第45号 〜感性トレンドの本質〜」

  時が満ちたというか、ビジネスに特化して、これまで、ヒット商品の
  解読を連載してきたましたが、歯がゆいので、今号では、感性トレンドの
  本質に迫りたいと思います。

  感性トレンドは、ヒトが文明を進化させるために、プログラムされているもの
  の現れです。

  現在、発達したグローバル経済の中で、経済抜きでの生活はありえません。

  研究を重ねていくうちに、感性トレンドの本質が見えてきました。

  これは、私のライフワークの一つであるという確信を持ちました。

  感性トレンドの

  デジタル期・アナログ期。
  ハード期・ソフト期。

  キーワードは、必ず対語になります。

  男性的要素と女性的要素が対語になることが多いのですが、それを脳科学の
  知見から解読してきました。
  これは、ある昔から伝わっているある言葉と同質であることに気がつきました。

  それは、陰陽です。

  これも全てが対になり、バランスをとることが必要ということなのですが、
  感性トレンドも、デジアナバランスを読むことで先読みが可能になるのです。

  全く一緒なんですね。

  ここまでの話を読んで、そこにきたか!それじゃ〜うさんくさいな〜
  と思った方は、メルマガ解除していただいて結構です。

  現在、歴史物がブームになったり、スピリチャルなものがブームに
  なっていますが、どれも本質的なものばかりです。

  この感性トレンドも本質を表していますが、古代においては、既に陰陽の概念で
  体系化されていたのですね。

  それを脳科学の立場からアプローチして行き着いた先が、陰陽でした。

  ということは、古の知恵と科学の進歩が一致し始めているということです。

  つまり、感性トレンドも本質の一つなのです。

  だから、ビジネスにも当然、応用が効きます。


  どうぞ、メルマガ読者解除してください^^


  今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第44号 〜HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition〜」

  先ずは、こちらをご覧頂きたい。

  http://h50146.www5.hp.com/products/portables/personal/mini1000_vt/

  アナログピーク期・ソフト期からハード期への移行時期。

  これが、よく理解できる。

  まず、SAY HELLO の文字が目に飛び込んでくる。

  PCの標準フォントには入ってない書体。

  若い方はかわいいと感じるだろう。

  40代以上の方は、子供の頃、この書体をよく見たはずである。

  感性トレンドが一週しているのがよくわかる。

  そして、製品に関して。

  デザイン。

  ボルドーは、アナログ期、キーになる色なので、注意しておいて損はないと思う。

  資生堂TUBAKIも、この色だ。

  また、黒のサシ色にもよく合う。

  そして芍薬をあしらったデザイン。

  非常に複雑なデザインである。

  そして和のテイストを感じさせる。

  和のデザインは、アナログ期に好感度が上がる。

  スペックはというと、ハイエンドではない。OSもXPである。

  ソフトの時代が終わり、ハード期への移行がよくわかる。

  デザイン的には、ハード期立ち上がりは意味の無いものが受ける。

  XPとビスタを比較した場合、XPを支持する人は今でも多い。

  XPがソフト期の集大成といって良いだろう。

  ビスタになるとユーザビリティーが悪いと感じる人が多いのではないか?

  この商品、大人の女性の心をがっちりつかむだろう。


001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第43号 〜たまごかけごはんブーム〜」

  2007年9月に、読売連合広告社が発売した
  「365日たまごかけごはんの本」をきっかけとして、現在、T・K・G
  と略され、全国に専門店が相次ぐ開店をするというブームが起きている。

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090201-00000001-jct-soci

  アナログ期は、基本複雑なのでは?
  との声が聞こえてきそうなので、解説しよう。

  これは、去年から当てはまる【本質】がキーワードにあたる。

  つまり、食の本質なのである。

  本質とは、無駄な部分をすべてそぎ落とし、最後に残った要素で、応用が
  効くものであろう。

  御米と卵のシンプルな組み合わせ。

  シンプルな組み合わせだからこそ、本質がでやすい。味をごまかせないと
  いうことになる。

  美味しい食材を使い、それぞれの良さを引き出すことは、料理の本質と
  いえないだろうか?

  シンプルなゆえに奥が深いとも言える。

  記事上では、たまごの名産地のお店が紹介されているが、美味しい卵と
  美味しい御米のハーモーニー。

  現在の本質を求める市場のトレンドにぴったりとマッチしている。

  この本質が明らかになっていく現象は、当然、食だけでなく様々な
  ところで散見できる。

  様々な本質が明らかになったところで、応用の時代がやってくる。

  これが本格的なハード期への移行段階になる。

  現在は、ハード期転換に向けての様々な現象が散見できる。

  が、全ては、本格的移行のプレ段階といえる。

  その中の小さな芽がやがて大きな花を咲かせるだろう。

  目前の利益は、大切だが中長期計画も大切だ。

  なにが本物でなにが飾りなのかを、今、しっかりと感じて欲しいと
  心より思う。


001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第42号 〜ねこきゅうマウスパッド〜」

  さて今号では、まだヒットするかどうかわからない商品を紹介してみます。
  しかしながら、トレンドをきっちりと押さえている部分とあと少しって
  部分があるんですね。

  その名も

  【ねこきゅうマウスパッド】

  httpkojimatrade.coma4pagenekok.html

  この商品が現在のアナログ期のトレンドに乗っている部分は

  ■動物的

  ■癒し

  ■曲線

  ■デコラティブ (凹凸がある)

  ■意外性

  これがキーワードになります。

  例えば動物的というのは、車の造形にも現れています。

  http://www2.nissan.co.jp/CUBE/Z12/0811/index.html?page=w10
 
  日産の新型キューブです。ブルドッグみたいですよね^^

  押した時に猫の肉球を触った感触は、癒し効果があるでしょう。

  見た目が曲線で構成されています。
  この曲線も車やファッションなどアナログ期にはいたるところに見ることが
  可能です。

  デコラティブというのも、目が平坦なものを認識するよりも立体的な物の方が
  認識時の複雑度があがります。

  意外性をついてくる商品は意外とヒットしてますよね。
  食品などでも、今までに無い組み合わせのヒット商品は今期のアナログ期
  たくさんあります。

  疲れない、癒される、かわいい、などが顕在域での感想になると思われますが、
  実際には、その根底に、上記のキーワードの部分が脳の潜在域を刺激し、
  顕在域では、かわいいとなるわけです。

  これが、デジタル期に発売されても無用に大きく、そんな遊びのようなおもちゃを
  仕事用のパソコンに使えるか?って受け止められてしまいます。

  論理的・合理的・効率的でないからです。

  私としては、もう一ひねり欲しい所ですね。

  簡単な所では、多色展開を取り入れる。

  それから、本当の猫のようなアニマル柄の採用。

  これで、かなりアナログ度が高くなります。

  更に、値段設定を高めて、顧客の実際に飼っている猫の画像を元に、その毛並みを
  再現したら、自分だけの特別感を満足させる事が可能です。

  ここまでやれば、愛猫家の方からの支持があがり、口コミで販路が拡大するのでは
  と考察します。

  愛猫家の皆様いかかでしょう?
  もっとも、愛猫さんが、キーボードにおいたをするので、マウスパッドまでは・・・
  と感じてしまう方もいっらしゃるかもですが・・・

  どうせ同じ仕事をするなら、楽しく仕事をした方がアイディアも湧いてきます。
  特にPC作業中は短軸索優位になりがちですので、こんな遊び心ある商品で
  楽しく仕事でき、且つアイディアが沸いてくるなら、良い商品ですよね^^

  気になる方はこちらをどうぞ^^

  ねこきゅうマウスパッド 65068
  価格:¥ 1,980(定価:¥ 1,980)
  http://www.amazon.co.jp/dp/B000M3NET4/ref=nosim/?tag=kokdz4-22,

001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





「第41号 〜ペットの写真を印刷したチロルチョコ〜」

  ビジネスの世界で、お正月商戦の次にくるのがバレンタイン商戦。
  そして、このバレンタイン商戦の動向は、一年の経済を占うものになると
  言われている。
  今年も経済の動向は、目を離せないだろうから、必ずしも一年を占うとは 
  言いがたいかも知れない。

  そんな中で、義理チョコなのに、もらった人が、どうせ義理チョコでしょ?
  なんて、ぶ〜たれることなく、幸せになることができるチョコレートがある。

  なんとチロルチョコ!
  
  え〜〜〜あのチロルチョコ?
  そんな風に感じたあなた、このサイトに飛んでみてください。

  http://www.decocho.com/

  HP本文より引用
  ------------------------------------------------------------------------

デジカメや携帯のカメラ機能等で撮った画像を一口チョコに
オリジナルプリントができるサービスです。
プリクラ感覚で簡単に画像をデコレーションして注文するまでをパソコン上から
ワンストップで行うことができます。

自分だけのオリジナル・プリントで出来上がった《DECOチョコ》を
全部あなたが食べちゃうもよし、お友達や親戚、ご近所様へのちょっとした
プレゼントに利用方法は「あなた次第!!」

-------------------------------------------------------------------------
ここまで

  どうです?

  あげたくなりませんか?

  これなら、もらった時、どうですか?

  チョイスする画像があまりにも奇抜すぎては逆効果ですけどね^^;
  選ぶ画像があなたの笑顔だったりするといいんじゃないかと思います。
  画像を似顔絵に変換するのもありですよね?

  さて、この商品のアナログ期のキーワードは簡単ですね。

  はい、そうです!

  ■自分だけの特別

  これです。

  デジタル期には、皆と同じものが心地よく響く時代なので、メガヒット商品が
  産まれましたが、現在はアナログ期、手間隙かけた自分だけの特別感が
  脳の潜在域で快と判断されるんです。

  なので、デジタル期のようなメガヒット商品は産まれにくい時代とも言えます。

  この自分だけの特別がキーワードになる商品は、例えば車なら

  http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au002/article=11996/
  ランボルギーニです!

  
  フェラーリでは、名古屋在住の方が約5億の世界に一台のフェラーリを所有
  する方もいっらしゃいます。

  デコ電も、自分だけの特別を刺激する要素もありますね。

  こんな時代は、資本があるから優位というわけでなく、アイディアのみでも
  充分に勝負できる時代ともいえます。

  対象顧客を充分に絞って商品をつくりこめば、個人でも充分に利益を
  あげることが可能です。

  オークションで高値がつくものは、

  ・プレミアム商品
  ・品薄商品
  ・手作り商品(ガンプラなど、精度の高い作品)

  世界で一個の自分だけの特別を満たすのは手作り商品です。

  さて、題材のチロルチョコ。

  バレンタインに間に合うか?

  今ならぎりぎり間に合うかもしれない。
  間に合わないかもしれない(笑

  間に合わなくてもノベルティーに使うにはいいのでは^^


001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。