「第52号 〜キーワード解説 その一〜」

  ブログでお伝えしたキーワードは、「大きい」と「百花繚乱」
です。

  え!ブログ?って方は、こちらをどうぞ!

  http://analystkansei.blog73.fc2.com/

  http://ameblo.jp/knseianalyst/

  よくみると二個目のブログは燻製アナリストになってます(爆

  では、

  大きいを解説します。

  アナログ期は定住地にて文化が育まれる時代といえます。

  なので安心して大きなものへと育てていくという願望が根底に
流れています。

  例えば、ベルトのバックルや、アクセサリーの大型化は、
もう既に皆様
  ご承知のことと思われます。

  今年の春物のコートの飾りボタンも大きいですね。

  まもなくアナログピークを迎えます。

  なので、様々なものの大型化が散見できるようになります。

  バイカラーも太くなっています。
  
  デジタル期のドットは小さなものですが、いまやこのドット、
  水玉というよりシャボン玉のようなものまであります。

  この夏からこれ以降にかけて目立つようになるのは数字のアクセや
  ワンポイントの大型化です。

  これ必ず来ます。

  そして、もう一個のキーワード百花繚乱です。

  なんでもありじゃ困るって声も聞こえそうですね^^;

  でも、この夏は、長軸策活性と短軸策活性が同時に
おこっているんです。

  なので、デジタル期に見られるものも、
アナログ期に見られるものも
  両方見ることができるのです。

  では、どうしたら、顧客の心をつかむことができるのか?

  これは、顧客属性がアナログよりなのか、デジタルよりなのか、
  バランスが良いのかで絞っていけばよいでしょう。

  アナログ度の高い顧客にはアナログベースで
アナログを更に強調されたものも、デジタルよりに
アレンジしたものも高感度があがります。

  表現としてはかわいいとなります^^

  デジタルよりの顧客にはデジタル期に見られるようなものが
  心地よく響きます。

  バランスの良い顧客には、全てが響きます。

  初めて読まれて、なんだかわからないぞ!って方は

  http://www.kansei-trend.jp/

  をどうぞ^^

001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。




メルマガバックナンバー51〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。