「第42号 〜ねこきゅうマウスパッド〜」

  さて今号では、まだヒットするかどうかわからない商品を紹介してみます。
  しかしながら、トレンドをきっちりと押さえている部分とあと少しって
  部分があるんですね。

  その名も

  【ねこきゅうマウスパッド】

  httpkojimatrade.coma4pagenekok.html

  この商品が現在のアナログ期のトレンドに乗っている部分は

  ■動物的

  ■癒し

  ■曲線

  ■デコラティブ (凹凸がある)

  ■意外性

  これがキーワードになります。

  例えば動物的というのは、車の造形にも現れています。

  http://www2.nissan.co.jp/CUBE/Z12/0811/index.html?page=w10
 
  日産の新型キューブです。ブルドッグみたいですよね^^

  押した時に猫の肉球を触った感触は、癒し効果があるでしょう。

  見た目が曲線で構成されています。
  この曲線も車やファッションなどアナログ期にはいたるところに見ることが
  可能です。

  デコラティブというのも、目が平坦なものを認識するよりも立体的な物の方が
  認識時の複雑度があがります。

  意外性をついてくる商品は意外とヒットしてますよね。
  食品などでも、今までに無い組み合わせのヒット商品は今期のアナログ期
  たくさんあります。

  疲れない、癒される、かわいい、などが顕在域での感想になると思われますが、
  実際には、その根底に、上記のキーワードの部分が脳の潜在域を刺激し、
  顕在域では、かわいいとなるわけです。

  これが、デジタル期に発売されても無用に大きく、そんな遊びのようなおもちゃを
  仕事用のパソコンに使えるか?って受け止められてしまいます。

  論理的・合理的・効率的でないからです。

  私としては、もう一ひねり欲しい所ですね。

  簡単な所では、多色展開を取り入れる。

  それから、本当の猫のようなアニマル柄の採用。

  これで、かなりアナログ度が高くなります。

  更に、値段設定を高めて、顧客の実際に飼っている猫の画像を元に、その毛並みを
  再現したら、自分だけの特別感を満足させる事が可能です。

  ここまでやれば、愛猫家の方からの支持があがり、口コミで販路が拡大するのでは
  と考察します。

  愛猫家の皆様いかかでしょう?
  もっとも、愛猫さんが、キーボードにおいたをするので、マウスパッドまでは・・・
  と感じてしまう方もいっらしゃるかもですが・・・

  どうせ同じ仕事をするなら、楽しく仕事をした方がアイディアも湧いてきます。
  特にPC作業中は短軸索優位になりがちですので、こんな遊び心ある商品で
  楽しく仕事でき、且つアイディアが沸いてくるなら、良い商品ですよね^^

  気になる方はこちらをどうぞ^^

  ねこきゅうマウスパッド 65068
  価格:¥ 1,980(定価:¥ 1,980)
  http://www.amazon.co.jp/dp/B000M3NET4/ref=nosim/?tag=kokdz4-22,

001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。




メルマガバックナンバー41〜50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。