流行を押さえたい方は必須です!!




001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。


バックナンバーのタイトル一覧

「第55号 〜キーワード解説 その四〜」

「第54号 〜キーワード解説 その参〜」

「第53号 〜キーワード解説 その弐〜」

「第52号 〜キーワード解説 その一〜」

「第51号 〜この夏の流行予報〜」

「第50号 〜なぜ、コカコーラが強いのか?〜」

「第49号 〜タウンウォッチングの薦め〜」

「第48号 〜名古屋オートトレンド〜」

「第47号 〜自動車のダウンサイズ〜」

「第46号 〜感性トレンドの本質・番外編〜」

「第45号 〜感性トレンドの本質〜」

「第44号 〜HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition〜」

「第43号 〜たまごかけごはんブーム〜」

「第42号 〜ねこきゅうマウスパッド〜」

「第41号 〜ペットの写真を印刷したチロルチョコ〜」

「第40号 〜ファミレス時代の落日〜」

「第39号 〜2008年 感性トレンド大賞〜」

「第38号 〜2009年を読む〜」

「第37号 〜感性トレンドの応用の仕方D〜」

「第36号 〜感性トレンドの応用の仕方C〜」

「第35号 〜感性トレンドの応用の仕方B〜」

「第34号 〜感性トレンドの応用の仕方A〜」

「第33号 〜感性トレンドの応用の仕方〜」

「第32号 〜TOYOTA iQ〜」

「第31号 〜大きな手帳〜」

「第30号 〜中学生本〜」

「第29号 〜ゴルフボール:ツアーステージ〜」

「第28号 〜野菜もりもり会議に実り〜」

「第27号 〜マックス バイモ イレブン〜」

2008/10/14「第26号 〜シーリングスタンプ〜」

2008/10/07「第25号 〜富士登山者数過去最高〜」

2008/09/30「第24号 〜菓子類〜」

2008/09/23「第23号 〜H&M〜」

2008/09/16「第22号 〜ファンタ・手にピタ!ボトル〜」

2008/09/09「第21号 〜糖類・糖質ゼロ商品群〜」

2008/09/02「第20号 〜スターウォーズ〜」

2008/08/26「〜篤姫2〜」

2008/08/19 「第18号 〜篤姫〜」

2008/08/12「第17号 〜アシンメトリー〜」

2008/08/05「第16号 〜ジブリ映画の軌跡〜」

2008/07/29「第15号 〜崖の上のポニョ〜」

2008/07/22「第14号 〜売れているネクタイ〜」

2008/07/15「第13号 〜国内旅行〜」

2008/07/08「第12号 〜プーペガール〜」

2008/07/01「第11号 〜小悪魔ageha〜」

2008/06/24「〜飲料・フードに【体感型】の波〜」

2008/06/17 「〜アウトレットモール〜」

2008/06/10 「〜マジクエスト〜」

2008/06/03 「〜クロックス携帯ケース〜」


2008/05/27   「〜デコラー〜」

2008/05/20   「〜クイズ番組〜」

2008/05/13 「〜エヴァンゲリオン〜」

2008/05/06   画嬢

2008/04/29   〜多色展開〜

2008/04/22   創刊号 〜ALWAYS 三丁目の夕日〜

2008/04/09   なぜ新型クラウンが売れたのか


第55号 〜キーワード解説 その四〜

  ブログでお伝えしたキーワードは、「高さ」「多色」「曲線」です。

  え!ブログ?って方は、こちらをどうぞ!

  http://analystkansei.blog73.fc2.com/

  http://ameblo.jp/knseianalyst/

  そして、キーワードは多くの場合、対語になります。

  今回は、曲線ですが、この対語は直線ですね。

  これは、アナログ期を通しての代表的なキーワードです。

  このキーワード、一号ごとに紐解いて参ります。

  今号では、「曲線」に言及してみたいと思います。

  この曲線、一見発見するのが難しそうなキーワードですが、案外と身近な

  所に発見できます。

  最近のTV番組やCMなどで、昔のアニメ「魔法使いサリー」に使われていた

  書体など、良く目にするようになりました。

  大手携帯メーカーのDOCOMOのロゴも丸い書体に変わりましたね。

  車のデザインにも曲線が多様されています。

  昔からお洒落な人が乗ると言われている、FIAT500やMINI、ワーゲンの

  ビートルなども、今期のアナログ期になって、新しいデザインで見事に

  に復活しました。

  ヘッドライトは、当然、丸いです。

  自動車には本当に感性トレンドのキーワードが当てはまります。

  デジタルピーク期(1985年前後)の自動車のデザインは直線基調で、

  本当に四角い車が多かったものです。

  直線は、A点とB点を結ぶ最短の距離をあらわすもので、曲線はそうでは

  ありません。

  そのぶん、脳の認識度が複雑になるのです。

  というわけで、アナログ期には直線よりも曲線のほうが高感度があがると
  
  いうことになるのです。

  最も、基本になるキーワードは複雑かシンプルかです。

  複雑がアナログ期のもので、シンプルがデジタル期のキーワードです。

  初めて読まれて、なんだかわからないぞ!って方は

  http://www.kansei-trend.jp/

  をどうぞ^^
001mailma.jpg

*お名前    姓
*メールアドレス 

           
Powered by FormMailer.


※メルマガの発行は「まぐまぐ」からになります。
※「まぐまぐ」に代理登録させて頂きます。

こちらからお申し込みされた方は、ゆくゆくは独自配信メルマガも配信させていただきます。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。